ムダ毛処理方法

いらな~い!と思ってもすぐ生えてくるムダ毛。

薄着になる季節だけじゃなく、寒い時期には温泉に行ったり、彼氏とのデート前にはお手入れは欠かせないですよね。
剃っても抜いてもいつの間にか生えてくるムダ毛。


みんなはどうやってお手入れしてるか、アンケートを取ってみると、

全体の61%は脱毛サロンやクリニックなどでプロが行う脱毛

残りの39%が自宅でカミソリなどを使って行うセルフ脱毛タイプ


このように、自分で行う処理でなく、プロにお任せしている人の方が多いようです。





脱毛する方法はどんなのがある!?

セルフ脱毛:

カミソリ・・・一番多いのがお手軽なシェーバー。どこでも安く買えてすぐできるメリットがある反面、すぐ伸びてチクチクしたり、肌へのダメージが大きく毎日剃ると色素沈着したり、毛穴が目立ってしまうというデメリットも。

脱毛クリーム・・・幅広い背中やお腹などの産毛のお手入れには塗ってとるだけの脱毛クリームなどが使われています。


クリームの他にジェル、ムース、ローションなど色んなタイプが有り、取り除き方も塗って流すものやテープを貼って剥がすもの、ヘラなどで取り除くものなど好みや毛の量や質などによって使い分けも可。

電動シェーバー・・・サロンなどで剃る時にも推奨されるのが、電動シェーバー。
肌を傷めにくく、簡単に剃れるというメリットがあります。

家庭用脱毛器・・・サロンで行われる脱毛方法と同じフラッシュ(光)方式の家庭用脱毛器。
ケノン
サロンのものよりパワーは劣るものの、サロンに行くことが難しい人や恥ずかしいという人には人気
最近は男性も使う人が増えてきている。




プロによる脱毛:

フラッシュ(光)脱毛



黒い色に反応して毛根にダメージを与えて徐々に毛を生えにくくしていく方法。
肌への負担が少なく、一度で広範囲にお手入れが可能、痛みも少なく、料金も安いので多くの人が気軽に通う。毛の量や質によって通う回数は変わるが、数年後にはまた生えてくる可能性が高いのが、デメリット。


ニードル(電気針)脱毛



一昔前はこの方式が主流で毛穴に器具を插入し、特殊な電流を流して毛乳頭の働きを停止させる。
太い毛や抜けにくい毛にも効果が高いが、1本ずつ行うために時間がかかる、痛みが強いのがデメリットですが、フラッシュやレーザーでできない日焼け肌や色素沈着の肌にも脱毛が可能


レーザー脱毛



ドクターの診察を受けながらレーザーを当てて毛根にダメージを与える方法。
痛みが強いですが、麻酔が使えたり、脱毛効果が高く、フラッシュ脱毛よりも少ない回数で効果が出て、ほぼ永久に生えてこなくなるのがメリット。ただし、料金は一番高い。


ブラジリアンワックス



VIOに多く使われるのがブラジリアンワックス。ワックスを塗って、一気に剥がすので痛みを伴うが、一瞬で根こそぎ脱毛できるので短時間で脱毛したい人向き
またしばらくすると生えてくるので定期的なお手入れが必要なので面倒な一面も。
家庭用もあります。



プロにやってもらってる人で
一番多いのは脱毛サロンが53%
価格の安さや痛みのなさで気軽にできると人気です。

2番めは永久脱毛ができる医療脱毛が32%
ドクターズサポートがあるので安心、手間とコストを考えたらレーザーで脱毛するのがベスト、という意見が多かったです。

残りの16%は一時期キレイになると話題のブラジリアンワックスがランキングしていました。

また、ワキは医療脱毛、VIOはブラジリアンワックス、その他はサロンとパーツによっても人気がわかれるようです。


自分の肌質や毛の量や質、どこまでお手入れをしたいかによって使い分けていくのが良いですが、プロにやってもらうほうがキレイにできるのは間違いないですね。